top of page

令和と昭和のお宮参り / 川越氷川神社

更新日:2023年6月23日


こんにちは。

今日は川越氷川神社でのお宮参りを紹介します。

川越氷川神社のお宮参り


主役の登場です。

今日の主役は私たちの姪っ子。

川越氷川神社のお宮参り

夏生まれだったので、お宮参りは暑さの落ち着いた初秋に。

最近は生後3ヶ月ごろに、お食い初めのお祝いと合わせて、という方も多いですよね。



そして、もう1人の主役!

川越氷川神社のお宮参り


きたー!恐竜にどハマりしているお姉ちゃん。

川越氷川神社のお宮参り


アップにしてもらえたら分かりますが

めちゃくちゃ吠えております。

川越氷川神社のお宮参り


恐竜さんにも戻ってきてもらって、まずはみんなで。

川越氷川神社のお宮参り

掛け着は私も妹もお宮参りで掛けたものです。

また次の世代が掛けてくれるなんて、うれしいですね。



この日は両家のおばあちゃんが参加してくれました。


お父さんのお父さんはお仕事で

お母さんのお父さんは天国より参加しております。


一番右が私たち姉妹の母ですが

たまたま憧れのグレーヘアへの移行期間とあり

なんともいえないツートーンカラーで孫の晴れの日を迎えてしまいました。



お父さんのお母さんと。

いつも妹がお世話になっております。


私のことを「お姉さま」と呼んでくださる

とても品のあるお母さまです。

川越氷川神社のお宮参り


ちょうど時間になったので、一旦ご祈祷へ。

川越氷川神社のお宮参り

恐竜さん、ご祈祷中は静かにするんだよー!



誰が掛け着を掛けたら良いですか?と質問いただくことがありますが

父方の祖母が掛けるのが古くからの風習だそう。

もともとお宮参りは赤ちゃんが氏神様と対面し、

氏子として迎えられるための儀式でした。

赤ちゃんと父親、父方の祖母の3人で行うもので、

赤ちゃんを抱っこして産着を着るのは父方の祖母の役割。


どうして母親はお宮参りに参加できないのかというと、

昔は出産のことを赤不浄といって穢れと考えていたためだそうです。

出産して1カ月ほどで行うお宮参りの時には、

まだ母親は穢れている存在のため、神社に入ることが許されていなかったのです。


そんな訳で風習的には父方の祖母となりますが

でも令和の時代、家族の形も慣習も考え方も変わってきていますから

どなたが掛けても良いよねって思ってます。


私たちはご依頼いただいた皆さんと相談しながら

ご希望される方に順番にお掛けしています。


たまに、事前に色々とリサーチされたお母さんから

「父方の祖母が掛けるもの、とのことですが私も掛けたいんです!

 嶋さん、うまい感じに仕向けてください!」と相談されますが

お安い御用であります。



ちなみに!

昭和の時代はやはり父方の祖母が掛けています。

※嶋写真事務所調べ、加奈子のお宮参りです

川越氷川神社のお宮参り

1枚目は同じ川越氷川神社です。

まさかここでこの赤ちゃんがよくお仕事をするとは

誰も思いもしなかったでしょう。


そういえば両親の結婚式も川越氷川神社でした。

普段はあまり意識しなくても

やっぱり川越市民と氷川神社は節目節目で繋がっているんですね。



川越氷川神社のお宮参り

2枚目はご近所で。

せっかくの晴れの日、兄はもうちょっといい服は無かったのか、

母はもうちょっと控えめなワンピースでもいいのでは、掛け着と色かぶってるよ

カメラマンとしては「なんだこの画角」という思いが頭を駆け巡りますが

それでも写真があるのはありがたいことですね。


ゼロと1は大違いだからね。


このブログを書くにあたって、アルバムを見返して

やっぱり写真はいいな、と思いました。


昭和の時代の写真って単純な記録だから面白いのでしょうか。

見せることを意識していないのが良いのかも、とも思います。


今は「写真のための写真」になりすぎてるのかなぁ、と写真を見つめ直したり。



さて、ご祈祷から帰ってきたので私たちの母と。

川越氷川神社のお宮参り

がっつりツートーンです。

姪っ子は夢の中。



またちょっとタイムスリップして4年前のお姉ちゃんのお宮参りの写真を。

私のお気に入りの1枚。

川越氷川神社のお宮参り

姪っ子が産まれる1年半ほど前に父との別れがありましたが

姪っ子が産まれてくれて、命は巡っていくものなんだと実感しました。


母も妹もその喜びに溢れてて、とてもグーな1枚です。



母子3世代で。

川越氷川神社のお宮参り


ご祈祷後にもらった絵馬も描きました。 画伯が控えめに挿絵を描いてくれています。

川越氷川神社のお宮参り



お待たせです、お母さんと。

川越氷川神社のお宮参り

見てください! 私たちの仕事を見ていたからか

お姉ちゃんが掛け着を直してくれています。

天才か。( おばばか御免です )



4人でもね。

川越氷川神社のお宮参り

川越氷川神社のお宮参り

姉妹って楽しくて結構いいよ、とおばちゃんは2人の姪っ子に伝えたいです。


服の貸し借りもできるしね。


妹が着ているのは4年前も今回も私のワンピースです。

悲しいかな、私は1度着たきりで、成長に伴いサイズアウトしていると思います。

怖くて試すこともできません。



脱線してしまいました。

もうひとつ、姪っ子がお姉ちゃんになった日もとても思い出深い1日でした。

もし良かったらそちらも。



最後に4年の月日を写真に。


2019年3月撮影

川越氷川神社のお宮参り

2022年11月撮影

川越氷川神社のお宮参り

すっかりお姉さんになったね。

またねるねるね〜るね、買いに行こうねー。



川越氷川神社でのお宮参り、七五三のご相談お待ちしています!


お問い合わせはこちらへ。

お気軽にご連絡ください。


コメント


bottom of page